アパートとマンションの違い、マンションとはどのような建物を言うのかを表していますか。

不動産まめ知識 マンション選びのコツ
不動産まめ知識 マンション選びのコツ

マンションとはどのような建物を指すのか

一般的なマンションという建物はどのようなものを言うのでしょうか。
一般的なものとしては鉄骨コンクリート(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建物のことを言います。
不動産や建物を扱っている業者はだいたいこのような構造のものをマンションと呼んでいるのです。
しかし実はこれらの構造で作られた建物はアパートでも鉄骨や鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造で作られたものも中にはあるのです。
多くの人が想像している建物は大体つくりがしっかりしているものとしてイメージしてるに過ぎないのです。
ですから、大家さんが木造の二階建ての物件をアパートではないと言い張るのも自由ですし、物件の広告にこれらをマンションとして広告を出すことも詐欺でも何でもないのです。
表現の自由だけの問題だとして終了するのです。
ではアパートとはどのような物件をさすのでしょうか。
木造や軽量鉄骨造の建物のことを言います。
アパートとマンションの違いはアパートは二階建てまでの建物のことを言うので、三階以上の建物になれば、それはアパートと言う括りにはなれないのです。
またアパートと言えば、ハイツやコーポというイメージがありますが、これらは明確には区別がはっきりしていないのでアパート、コーポ、ハイツは同等のものと勝手に解釈してはいけません。
これら二つの建物の決定的な違いといえばアパートは二階建てまでの建物、マンションが二階建てでもそれ以上の建物でも良いというだけになってしまいます。
家賃について見てみましょう。
同じ条件や同じような間取りであればアパートの方が他の物件よりも家賃が約1万円ほど安く設定されている所が多いようです。
しかし、それは同じ条件の時というだけであって必ずしも1万円高いわけではありません。
家賃について言えば地域性の問題もありますし、ハイツとアパートの家賃がほとんど同じと言う物件もありますので家賃についてはどちらがどうと言うことはないのです。
ただし、比較的最近に建てられた建物だったり、最近内装をきれいにしたアパートなどは家賃が少し高くなることもあるのです。
築年数が新しいものは家賃が少々高くても入居してくれる人がいるので高めの設定になっています。
逆に築年数がかなり古い物件については家賃を安くしても借り手がつかないこともあるのです。
注目の情報

Copyright 2018 不動産まめ知識 マンション選びのコツ All Rights Reserved.